クウだよ!

クウの散歩袋を作ろうと思ったけれど…

クウが、食らいついて来るんだよね(^^;)

コレはこのまま絵本袋にしましょ♪
b0340046_23360634.jpg




だ〜れだ!
b0340046_08574533.jpg
クウだよ〜♪

(思わずスマホ逆さまにした人いませんか?(^艸^))







昨日は、古本一箱市に参加してきました。
お天気にも恵まれ(暑すぎもせず雨も降らず)
たくさんの来場ありがとうございました。m(_ _)mぺこり
もっともっとたくさんの方とお会いしたかったのですが、
楽しい事はあっというまに過ぎてしまいます。
また、次回の開催を楽しみにしております♪

新潟ブックライトの皆様スタッフ一同様ありがとうございました(*´ω`*)





















# by sakomamabook | 2017-06-19 11:47 | 小物雑貨 | Comments(19)

b0340046_23502344.jpg
6月18日(日)
午前10時〜午後3時まで
新潟市中央区学校町通の現代市にて、「一箱古本市」があります。

ワタシも今回は、出店いたします。
だいぶ本がたまりましたので、、、捨てるのは勿体無いし…
チェックしてみたら単行本が多かったです。
本屋さん大賞の本とか、直木賞などの受賞作品の本、映画や話題になった文庫本などもあります。職場に来るひとのために置いていたものなので、最近話題になった本が多いです(^^)
本は、ほとんど投げ売り状態になるでしょう…重いのを少しでも軽くしたいのでね。
100円とか10円とか…気に入ったのはもう少し値を高くするかも…。

ワタシの作品は、ブックカバーとフェルト絵本をお持ちします(ほんの数点ですが)
只今、必死に製作中ですᕦ(ò_óˇ)ᕤ
食べ物屋さんなどもありますので、ご都合のつく方いらっしゃいましたらお立ち寄り下さいね〜(o^^o)




# by sakomamabook | 2017-06-12 05:47 | イベント

クウの毎日 1

生後4ヶ月になった 白柴犬のクウ

1日1日が、小さな驚きと感動の日々

チビ犬クウの冒険の始まりです(^^)/
b0340046_10440963.jpg

あるところに おじいさんとおばあさんが、すんでいました。

おじいさんとおばあさんは、ハッピーという大きな犬を飼っていました。

ハッピーは、とても優しくて人間が大好き そして食いしん坊でした。

そのハッピーは、1年前に16歳で虹の橋をわたっていってしまいました。

でも、おじいさんとおばあさんはハッピーがいなくなっても寂しくはありませんでした。

今もずっとそばにいるような気がするからです。

「ハッピー元気かね…? 」
「 元気ですよ。」
「ハッピー。。。今年もニオイスミレが咲いたわよ!」
なんていいながら二人はハッピーに語りかけるのでした。

ハッピーがいって1年が過ぎた頃、おじいさんとおばあさんはシロクマの子のような
子犬に出会いました。


b0340046_17395435.jpg
(生後2ヶ月)

白くてムクムクしていて、耳だけがうっすら茶色。

とても臆病でケージの隅っこにじっとしていました。

おばあさんは、ひと目見た時から その子犬が気に入りました。

でも おばあさんは 心の中で決めている事がありました。

3回会いにきて この気持ちが変わらなかったら…

そして、3回会う事ができたら…

この子と縁があるということ。

でもおばあさんが、体調を崩してしまったので

2回目に会えたのは1ヶ月半後でした。

その頃には、子犬も少し大きくなり シロクマの子から

白キツネの子のようになっていました。

後ろ向きでおすわりして ごはんを待っている姿がとてもいじらしく可愛く見えました。

おばあさんの気持ちは 変わりませんでした。

おばあさんは おじいさんにお願いしました。

「ワタシ 来週また この子に会いに来てこの子がいたら ウチに迎えたいわ!」

もちろん、おじいさんは おばあさんの性格を知っているので反対はしませんでしたよ。

そして、実は おばあさんもおじいさんの顔に

「この子ならウチの子にいいな…」って書いてあるのがわかっていたのです。

さて、1週間後…

おじいさんとおばあさんは、子犬のところへ向かいました。

いるかな⁉︎ いないかな⁉︎ ドキドキ!ドキドキ…!

(まるで子供の合格発表を見に行く時みたい)

おじいさんの後ろからソッとのぞくと…

いましたいました!

「クウがいた!」(もう名前をクウに決めていました)

はじめて会った時、シロクマみたいだったからクマ…クマ…クウ…クウ!

おばあさんは、さっそくお店のお姉さんに声をかけました。

お姉さんは、「だっこしてみますか?」といってケージの中からクウを出してくれました。

最初に、おじいさん。(こわごわ抱っこしました)

「かるい!」(ハッピーは大きかったですからね…)

おじいさんからおばあさんへ そっとクウを渡しました。

「ほんとだ!かるいわ!」

「それに プルプルふるえている…」

その時、おばあさんの手がぬれているのに気づきました。

クウは緊張でおもらしをしてしまったようです。

「だいじょうぶだよ。クウ。」
おばあさんは そのままクウをだっこして車にのりこみました。

車に乗ると 今度は 小さいうんちを コロンとおばあさんの手の中にしました。

「あらあら♪」
おばあさんは 楽しそうに それをかたづけました。

こうしてクウとおじいさんおばあさんの新しい生活が始まりました。



b0340046_10451068.jpg
だっこされても 嫌がらずおとなしくしているクウですが…

b0340046_11073021.jpg
なれてくると…

おじいさんおばあさんは、クウにふりまわされて てんやわんやです。





b0340046_10524324.jpg
どんな感じかというと…

それについては、ハッピーさんのナレーションでご紹介していきましょう。

次回を お楽しみに〜٩(^‿^)۶









# by sakomamabook | 2017-05-15 13:22 | 愛犬クウ(qoo) | Comments(30)