夏の思い出


b0340046_11470455.jpg
布絵本『Memorial Dal12ヶ月』の中の8月の景色



瞳のフレームいっぱいに

ひろがった 花火

母(義母)から

ワタシへの

贈り物に

感謝♡

心のアルバムに

この時を貼る




* 2015年の8月も今日でおしまい。
明日からは新しい月が待っている。
新たな気持ちになって…大きく深呼吸!
さあ!行こう!

* 今回、コメ欄は閉じさせていただいてます。
ご訪問いただいた皆さまありがとうございます。
ゆっくりですがご挨拶に廻らせていただきます。m(_ _)mペコリ

by sakomamabook | 2015-08-31 12:10 | 布絵本

1ヶ月ぶりのハッピー

暑かった夏もようやく終盤

今日も ひっつき虫ハッピーです

b0340046_13072526.jpg


b0340046_13100151.jpg
ワタシとテーブルの間にグイグイ入ってきてハマります。



b0340046_13104491.jpg
掃除していても ついてきます

隙あらば ワタシにひっつこうと見ています



b0340046_13113180.jpg
ジイーッとみてて


b0340046_13121402.jpg
キョロ!


b0340046_13125994.jpg
キョロ!


b0340046_13134012.jpg

ジト…U( ̄▽ ̄)U

あ…

なんか…

たくらんでる!




b0340046_13141040.jpg
ハッピーさん!

掃除機…乗ってるんですけど…




b0340046_13145836.jpg
ハッピーさん!

掃除機の コードに乗っているんですけど!

どいてくれませんか〜⁉︎



b0340046_13075437.jpg
ふう 〜!

やっと 掃除おわり!

あら。。。ねちゃった u- -u


《ハッピーのおやつ紹介》

b0340046_13093588.jpg
コーンスープ作りから出たカスですが…
もったいないので、小麦粉とコーンスターチを適当に混ぜて
オーブンレンジで200℃15分ほど焼きます。
b0340046_13091140.jpg
一口大にカットして自然乾燥すれば出来上がり♪
パリパリッとした食感♪

b0340046_13083893.jpg
他に木の実入りラスク風パン
単純に木の実入りのパンをカットして乾燥させただけです
( ̄▽ ̄)なんて手抜きな‼︎


おまけ
b0340046_13081724.jpg
紅芋が美味しそうだったので…
蒸して輪切りにして乾燥させたハッピーのおやつですU^ェ^U


* お昼寝から起きたら、このオヤツ食べてお散歩ですd(^_^o)











by sakomamabook | 2015-08-26 15:45 | 愛犬ハッピー | Comments(32)

ミルクちゃんを描く

「いかないで〜!」

と呼んでいるのは…
b0340046_12430324.jpg


Milk Loves Birds and Food 小鳥と食の日記withおでかけ日記」さん


セキセイインコのミルクちゃんです

お買い物に出かけるママに向けてアピール

「いかないで〜!」

植物の枝に止まって

全身を伸ばして

ママの姿を追っています

白とブルーの羽が綺麗なインコちゃんです


* Milk Lovesさんありがとうございました!
いろんな表情(?)の可愛いミルクちゃんがいっぱいでしたが
その中からこの1枚を選ばせて頂きました
気に入っていただけるといいなぁ(o^^o)



by sakomamabook | 2015-08-20 22:33 | 布絵本 | Comments(28)

b0340046_12425174.jpg
いつも ご訪問いただきありがとうございます。

8月17日で、ブログを始めて1周年になりました。

このようなネットに一番遠い所にいたワタシが、 何とかブログを開き、続ける事ができたのも皆様のご訪問と、暖かいコメントのお陰だと思っております。
この1年間、ブログを通じて多くの方々と知り合う事ができました。

絵本の読み聞かせを通じて、入院している子どもたちに布絵本の楽しさを伝えたいと思い手作りで製作してきました。子どもたちも、目で見て、手で触れ、声に出して笑い楽しんでくれました。

そのうち、他の方々にも読んでもらいたいと思い、街の本屋さんにお願いして布絵本を置いていただくようになりました。お陰さまで作った布絵本は直ぐに売れてしまうのですが、多くの方々に読んでもらうという事が叶いません。

そこで、全然得意ではないのですが(むしろ苦手ですが)、1年前にブログを開かせて頂き今日まで続ける事ができました。いろいろ失敗もありましたが、得る事の方が多かったように思います。新しい出会いもありました。これは、とても嬉しい事です♪
ブログでは、皆様のお顔は見えませんがその方の表現の仕方で御姿が見えるような気がします。楽しさが伝わってきたり、寂しそうだったり、疲れているようだったり、共に心配して下さったり、元気を頂いたり…本当に楽しい1年間でした。

ゆっくりペースですが、これからも続けてまいりますので
よろしくお願いします m(_ _)m ペコリ







by sakomamabook | 2015-08-17 00:23 | Comments(71)




カレル・チャペックのお話の中から…
b0340046_16342900.jpg
単行本サイズ

『長い長いお医者さんの話』の中の
「郵便屋さんのお話」という作品の挿絵を刺繍して
ブックカバーにしました
見たことあるかな?



作 カレル・チャペック
絵 ヨゼフ・チャペック(カレル・チャペックの兄)

カレル・チャペック(1890〜1938)
ヨゼフ・チャペック(1887〜1945ナチスの強制収容所で没)


b0340046_16344609.jpg
文庫本サイズ

チャペックのエッセイ「適時適書」の挿絵より
チェコ語の文字は
「いつ何が読まれるのか」の意


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

b0340046_21003402.jpg

犬の名前は…ダーシェンカ

カレル・チャペックがこよなく愛した牝の子犬です

犬の写真をイラストにして刺繍しました

b0340046_16345961.jpg

b0340046_16351762.jpg
* 久しぶりに ブックカバーを作りました。
チェコの作家、劇作家、ジャーナリストであったカレル・チャペックの本も、大変興味深いです


by sakomamabook | 2015-08-11 21:39 | ブックカバー | Comments(20)

b0340046_10051022.jpg
作 小川未明
絵 酒井駒子
偕成社


《ストーリー》
北方の海に 人魚が棲んでいました。
人魚は、 海底深く魚や獣物たちの棲むところで話し相手もなく暮らしていました。
その人魚は、みもち(妊娠)していました。人魚は、生まれてくる子にこんな悲しい頼りない思いをさせたくないと思っていました。

人間は、この世界の中で一番優しいものだと聞いている。
可哀そうな者や頼りない者は、決していじめたり、苦しめたりすることはないと聞いている。幸い、ワタシ達は、みんなよく顔が人間に似ているばかりでなく、胴から上は全部人間そのままなのであるから……一度、人間が手に取り上げて育ててくれたら、決して無慈悲に捨てることもあるまい。

人魚はそう思って、生まれてくる子の幸せを願い人間に赤ん坊を託したのでした。
人魚の子を拾った蠟燭屋の老夫婦は、その子を大切に育てます。
人魚の娘は、美しい娘に育ち やがて蠟燭屋の絵付の手伝いをします。娘が赤い絵の具で描いた蠟燭は大層売れました。

b0340046_12323174.jpg
あるとき、南方の国から来た香具師(やし)から、人魚は不吉だと言われ老夫婦は金をもらって娘を売ってしまいます。
売られる前に、娘は蠟燭を赤く塗りそれを自分の悲しい思い出の記念(かたみ)にのこしていきます。その夜、一人の女が赤い蠟燭を買っていきました。
そして、娘が檻に入れられ船で発った夜、海は大嵐となり難破船が多数でます。
それ以来、その赤い蠟燭が山のお宮に灯った晩は船が遭難し、幾年もたたずして、その町は滅びて、無くなってしまいます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


この小川未明の作品には、いろいろな画家が描いています。
酒井駒子さんの絵も素敵ですが、もう一人の画家 いわさきちひろさんが描かれた絵もご紹介します。

b0340046_12332950.jpg

作 小川未明
絵 いわさきちひろ
童心社


この作品は、未完のまま、いわさきちひろの遺作となりました。
1974年8月8日に亡くなって後、1975年6月に童心社から発行されました。

いわさきちひろは、この作品の焦点を冬の日本海にあててスケッチし、対象をしっかり見据えたいという意思を持って描いていました。
この表紙の娘の絵は、日本海へのスケッチ旅行の直後に描かれたものです。
白い紙に描かれた人魚の娘は、誠に美しく哀く…その清らかな瞳は、寂しげで切なく、見る人に訴えかけてきます。

b0340046_19342893.jpg

人魚の娘のラフスケッチ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


《小川未明》1882〜1961
新潟県上越市に生まれる。本名は健作。
東京専門学校(早稲田大学の前身)哲学科を経て大学部英文科を卒業。
坪内逍遙から文学について多くを学び、またラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の講義に
感銘を受け卒業論文ではハーンを論じた。「未明」の名は、坪内逍遙から与えられた。
79歳で生涯を終えるまで、50年以上に渡って童話や小説、随筆等の作品を書いた。
童話だけでも約1200編にのぼる。

このような、巨匠を前にして一言で紹介はできないが、未明童話の解説者の言葉を借りて云うと、未明の童話は、
静かで淋しい
淋しさのかなたに灯る希望
かなしみのうちに宿るぬくもり

子どもだけでなく、大人の童話でもあり、幅広い年齢層の方に読んでいただきたい作品です。















by sakomamabook | 2015-08-06 16:56 | 魅かれた本 | Comments(26)

☆長岡花火

2015年8月2〜3日
長岡花火‼︎

b0340046_22202916.jpg

b0340046_22210455.jpg


b0340046_22214505.jpg


b0340046_22221143.jpg


b0340046_22225338.jpg
パノラマのように信濃川沿いに広がる
長岡花火は有名ですが

今回 観たところからは…
なんとも…
ファンタジックな景色となりました♪

やや中央よりに
オレンジ色の丸……月です!

こんなに華やかに花火が舞っていても

月です!

しっかり存在していました🌕



* 今回、コメ欄は閉じさせていただいております。
ご訪問ありがとうございました m(_ _)m ペコリ


by sakomamabook | 2015-08-03 23:01 | 雑日記