秋です…秋です…秋です…(*´꒳`*)
ワタシの好きな 秋です♪
もぞもぞと 落ち着かなくなります。

さあ〜!外に出て
桜餅の匂いいっぱい嗅ぎに行こう!
(だって、木のそばを通ると落ち葉が美味しそうな薫り(^m^)
走り出したくなっちゃう♪

金・銀木犀の匂いもするし…
(トイレの芳香剤を思い出してしまうけど…でも自然の薫り好き^^)




『潟マルシェ』
2017.10.15(日)
10時〜15時
会場: ユスリカの森(鳥屋野潟公園内 キラキラマーケット裏)

b0340046_11132890.jpg
お問い合わせ:(株)U・STYLE 025-385-7585




同時開催
『一箱古本市in潟マルシェ』 Vol.13
会場:ユスリカの森
10時〜15時

b0340046_11135004.jpg
お問い合わせ:ニイガタブックライト(亀貝) 090-3753-9545
北書店 025-201-7466




今回は、ワタシ 一箱古本市は準備不足のため参加しませんが お客さんとして楽しみたいと思います(^^)
お時間のある方〜!
行き場のない方〜!
お時間がない方でも、ちょっと寄ってきませんか〜🎶

秋を楽しみましょう╰(*´︶`*)╯♡🍁





〈追記〉
当日は、主人と一緒に昼前に行ってきました。
雨は辛うじて免れたものの寒い1日でしたね。
潟マルシェに参加の皆さんお疲れ様でした。
主に若い世代のファミリーが多かったかな…道端にお座りして「え〜ん!え〜ん!」泣いてる子が泣き止むまで優しく声かけして待つママとか。
パグわんこ全員集合みたいで、いっぱいいました。よく見るとパグもいろんなお顔しているんです(^.^) (わんこも参加できる場所っていいですね。)
今回 古本一箱市の出店は、25店ということでしたから春の半分くらいですね。ちょっと寂しい気もしますがイベントの多い10月ですから仕方ないのかもしれません。
ワタシは、本を1冊と手作りクッキーを買ってマルシェを後にしました。

このマルシェの隣には「いくとぴあ食花」があります。
そこで、来春用の球根や花苗を買い。
食材を買い…此処で売っているコンニャクは本当のコンニャクで「サクッ!ツルッ!プルン!」美味しいです(^^) 油揚げも美味しい(ふわっとサクッとジューシー!)
厳選されたお店が厳選して出している商品なのでどれも本物の味です。ネギの葉先までトゥルトゥルのヌルが入っています。このヌルは免疫力を高め風邪予防にも効果があります。怪しいサプリを飲むより、旬の新鮮な食品をシンプルに食する方が何よりの薬だと思います。
今秋売り出している米「新之助」も山積みにしてありました。でも、県外から来たワタシから見ると 新潟のお米はどれも「旨い!」本当に「旨い!」です(*´꒳`*)シアワセ…






〈追記の追記〉
10.14.14:30〜
秋葉硝子工房 於

b0340046_12013067.jpg


潟マルシェの前日の土曜日の午後、
新津にある秋葉硝子工房でジャズコンサートがありました。
大きな工房の中央に昭和レトロな窯があって、其れを囲んでのコンサートです🎶
もう1つの窯は実働しているので火は点したまま…それが暮れ行く秋の夕暮れに
とても暖かく優しいのです。
秋葉硝子さんのグラスで呑むウイスキーは格別でした(#^.^#)


b0340046_12020526.jpg


『吉川ナオミ+若林修一トリオ』
今回 初めて聴かせていただきましたが、もう最高!ファンになってしまいました。
聴き心地の良い歌声と軽やかな演奏。自然と身体が動き出す感じ。
う〜ん 仕事の疲れが溶けていくよう🎶
ボーカルの吉川ナオミさんは関西の方なんですが、曲の歌詞の解釈を関西弁で話してくれたりして 関西弁っていいものだなぁと思いました(関西弁話せたら楽しだろうなってね^^)
吉川ナオミさんの出演するコンサートは、10月29日(日)に新潟市Jazz Flashさんでもあるので、ご都合のいい方是非いらして下さい。

納谷嘉彦TRIO meets 吉川ナオミ
Autumn Jazz at Niigata JAZZ FLASH
10.29 sun
Open 19:00 Start 19:30
Tiket ¥3500(1drink付) 当日¥4000(1drink付)





by sakomamabook | 2017-10-12 11:53 | イベント

b0340046_23502344.jpg
6月18日(日)
午前10時〜午後3時まで
新潟市中央区学校町通の現代市にて、「一箱古本市」があります。

ワタシも今回は、出店いたします。
だいぶ本がたまりましたので、、、捨てるのは勿体無いし…
チェックしてみたら単行本が多かったです。
本屋さん大賞の本とか、直木賞などの受賞作品の本、映画や話題になった文庫本などもあります。職場に来るひとのために置いていたものなので、最近話題になった本が多いです(^^)
本は、ほとんど投げ売り状態になるでしょう…重いのを少しでも軽くしたいのでね。
100円とか10円とか…気に入ったのはもう少し値を高くするかも…。

ワタシの作品は、ブックカバーとフェルト絵本をお持ちします(ほんの数点ですが)
只今、必死に製作中ですᕦ(ò_óˇ)ᕤ
食べ物屋さんなどもありますので、ご都合のつく方いらっしゃいましたらお立ち寄り下さいね〜(o^^o)




by sakomamabook | 2017-06-12 05:47 | イベント

2016年のNHK「100分de名著」の案内役として講師を務めた若松英輔さんとの読書会があります。

若松英輔さんの著書『悲しみの秘義』をテキストに
宮沢賢治、小林秀雄、リルケ、須賀敦子、志村ふくみ…の言葉を引用して個々の悲しみや孤独について読み解き、そこに自身の心を見出していきます。


b0340046_13283950.jpg



b0340046_13295088.jpg


日時: 2017年1月30日(月)
19時〜(18時半開場)

会場: 北書店 (新潟市中央区医学町通2-10-1-101)

参加費: ¥1500

お申し込みは、北書店店頭またはメール(sato@kitashoten.net) 件名は「悲しみの秘義」読書会、でお願いします。




ワタシは、本屋さんのまわし者ではありませんがちょっと面白そうなので参加します。
はい!sakomamaさん!なんて指されたらどうしようかしら(^艸^)…♪






〜〜〜〜追記〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1月28日(土)の新潟日報に、若松英輔さんの記事が載っていましたので記しておきます。

b0340046_21330800.jpg
若松英輔さんは、糸魚川市の出身なので昨年の年の瀬におきた故郷の大火について触れながら、燃えたものは帰ってこない。それは厳粛な事実である。
しかし、燃えないものは、失われていないことも私たちは忘れてはならないという。


その本質に触れる話しを聞いて見たいと思った。
1月30日(月)の読書会を待つ。。。
(by sakomama)




〜〜〜〜追記の追記〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〈若松英輔氏の詩〉

愛する者に
ほんとうのことを伝えたいのなら
おもいという糸で
目に見えない
祈りの衣を編まねばならない

大切なことは
ひとりのときに
誰も聞いてくれない
そう感じながら
虚空に向かって語るがいい

天使はそれらすべてを
記録し
光に変じ
おまえが思う者の胸に
奥深く届けるだろう





詳しくはこちらです↓↓↓


by sakomamabook | 2017-01-18 10:44 | イベント

森達也の『あの頃の話』



今日は、絵本の話…ではなく

映画監督・ドキュメンタリー作家の森達也さんの話


今年の夏、主人に誘われ映画を観に行った。
森達也監督の『FAKE』、佐村河内騒動が題材の映画であった。
主人は、森達也氏の講演会があると聞けば「森くんが来る」と言って足を運ぶ。
一体どんな関係?
森くんとは、高校時代に8㎜映画を作った仲間だという。
上映後、森くんに声をかけてみた。数週間後、彼の書いた新聞記事を目にした。
「高校時代の8㎜映画が原点、H君と会っていなければ…」。
ワタシの中でキーワードが浮かぶ、
・高校時代の8㎜映画が原点
・当時のフィルムは主人が保管している
・再会
・60歳還暦…原点に帰る

そうだ!森君!あの頃の青くさい話をしよう。
ワタシは映画を観てみたい一心で主人の背中を押した。

(sakomama)



b0340046_20062459.jpg



という訳で…
1973〜1974年に制作した8㎜映画の上映会をする事になりました。
当時の高校生が作った8㎜映画ですが、大島渚監督から評価して頂き、賞も取った作品です。ストーリーは、現代版かぐや姫といった感じの内容で、現代にタイムスリップしてきた未来人の美少女を取り巻く青年たちの葛藤。チャレンジする青年の一人に森君も出演しています。そして、ヒロインの相手役には、NHK大河ドラマ「天地人」の原作者でもある火坂雅志氏が出演しています。(若い頃の映像ハンサムな方でした^^) 残念ながら火坂雅志氏は、昨年病気のため他界されてしまいましたが、元気でいらしたら森君&火坂君トークが聞けたかもしれませんね。
映像の中には、当時の時代を風刺したものからTVコマーシャルまで取り入れて制作しています。懐かしい場面が観れるかも。

当日は、森君がトークを交えて当時の青くさかった頃のお話をしてくれます。

お申し込みは、北書店店頭・電話(025-201-7466)・メール(sato@kitashoten.net)
メールの場合は懇親会参加の有無もお知らせ下さい。



〈追記〉

b0340046_19442093.jpg
上映会後、
店長さんのご好意で、そのまま懇親会へ突入。
大変盛り上がりました。(中央=森達也さん)
此処では言えない話いろいろ…(^艸^)クスッ



by sakomamabook | 2016-11-25 13:52 | イベント

原婦美子 絵本原画展

今年出逢った素敵な人

絵本作家の原婦美子さんの絵本原画展

2016.11月(木)〜11月22(火)

『ギャラリー蔵織』
新潟市中央区西堀前通1-700


b0340046_15295349.jpg
まだ期間中ですので、お時間のある方 お薦めです(^^)
機織り体験も出来ます。



b0340046_15302118.jpg

by sakomamabook | 2016-11-16 16:36 | イベント

2016.6.12(日)午前10時〜午後3時
現代市 と書いて「いまいち」と読む。
フリーマーケットやグルメ屋台、一箱古本市など盛りだくさんのお祭り。

b0340046_11030911.jpeg
今回ワタシは、フリーマーケットに参加。

、なんで参加したかというと…断捨離のため。

、誰の断捨離かというと89歳になる義母の品々。
もう使わないけど自分では思い入れがあって捨てられない。
フリーマーケットに出すのならいい(誰かが使ってくれるなら…)

と、言うので
ワタクシ、 マスクと腕捲りして義母と一緒に選別しました。((^◇^;)

コレは? 「いる」
コレは? 「いらない」
コレは? 「…ん いるかも…」
コレは? 「……」
いらないね⁉︎ 「…うん…」

と微妙な返事を、即断。仕分け作業は数日に渡って続けられたのです(^_^)a

、フリマ当日
天気予報に反して、快晴
陽射しが苦手なワタシは、完全装備(長袖長ズボン、帽子にサングラス、日傘、水分)で、いざ出陣!

10時開始ですが、8:45に車で荷物搬入。

手続きを済ませて品物を並べ始める。
…と同時に人々が物色にくる。
「コレいくら?」
まだ値札を貼る前に、貰い手が決まっていくwa〜♪
なし崩しに始まった!

10時。
開会のパレードが始まったが、品物は1/3程 既に売れてしまった(おそろしいほど快調)

ただ…
暑い‼️ ボタボタ汗が出ます!
お客さんが、ひっきりなしに来るので日傘を差してる余裕もない。

途中、友人のKさんとTさんが きてくれました。
本当のコーヒー屋さん(シャモニーコーヒー)が入れたアイスコーヒーを差し入れてくれて生き返りました。ありがとう♡

Kさんとお話ししている最中に、回遊していた主人がクーラーボックスを置いていってくれたようです。冷えたタオルありがとう♡

誰にもわからないように、サングラスして帽子を目深に被っていたつもりが…
SAKOママさん!こんにちは!とお声かけ下さったSさん。ご家族で来ていただきありがとうございます♪ また、読み聞かせコンサートしたいですねo(^▽^)o

…ここまでは、体調がよかったのですが
そろそろ限界が、近づいております。

11時頃から、全て10円にして投げ売り状態開始。
朝 あれだけあった品物が、1/5に減りました。

もう少しなんだけど…
頭痛がしてきました。やばいです…

12時半頃限界が来ました。。。
ので、その辺を回遊している主人にTELして
残りを回収してもらいました。

13時帰宅し、即効で浴槽に浸り熱をとりました。
ズキンズキンしていた頭痛が和らぐまで…


この日は、疲れたので夕飯は摂らずに早めに休みましたzzz…

23:40携帯音〜♪
メール:「今日は暑い中ご苦労様でした」
義母からでした。

あは。。。ご報告は、後日にしますね…m(_ _)mzzzz






by sakomamabook | 2016-06-13 13:46 | イベント | Comments(22)

2016.5.28(sat)〜29(sun)
パシフィコ横浜に於いて

『ヨコハマ ハンドメイド マルシェ2016』


b0340046_14121762.jpeg
手作り好きなワタシ(^.^)
5月29日(日)は、パシフィコ横浜へ〜♪
しかし…体力気力が続かないので
イベントの様子は…跳ばして
目的のブースだけご紹介♡




b0340046_14200579.jpeg
入り口で〜す♪





b0340046_14203556.jpeg
F40…F40…F40…みつけた!


ミニサイズの絵本やレターセット、ハガキ、メッセージカードにさぶたんくうのイラスト付き紙袋などなど♪

今回は、ミニチュアハウスまで展示してありまして…そこに居る「タンタン」を触らしてもらいました♪(^艸^)

タンタンは、「さぶたんくう」=さぶ(さぶろう)たん(タンタン)くう(クウ) の中のキャラクター。飼っていた3匹のワンちゃんの名前からきているそうです。…ですよねnatsuさん(間違えてたらごめんなさい^^)

…で、今回は欲しかった「さぶたんくう」の紙袋。
たくさんゲットしました♪ natsuさんはこの紙袋の中に小瓶を置いてそこに造花をさして可愛い花瓶にしていました。







b0340046_18131408.jpeg
ムフフ。。。
手に入れたグッズの数々…1年分

ワタシは、好きな物は取っておかず 使うタイプ。
いろいろな人に いろいろな場面で使います(^.^)






b0340046_14215106.jpeg
さっそく、natsuさんを真似て
百均で買ってきたガーベラの花をさして飾ってみました♪






b0340046_14211194.jpeg
職場の一角には、ビタミン色のガーベラ。







b0340046_14222509.jpeg
これは職場の本棚…

こちらには、落ち着いた色合いのガーベラの花。

隣の小さいのは、ミニ絵本です。そっと手に取ってお読みください♪(^.^)





*さて…日帰りのプチ旅でしたが 楽しい1日でした。
natsuさん! またいつか お邪魔させて下さいね。口下手なもので、余り長話はできませんでしたが、セミショートヘアお似合いでしたよ〜( ´ ▽ ` )ノ☆





by sakomamabook | 2016-06-05 09:46 | イベント | Comments(16)

《覚え書》

2016.1.17(sun)
28会場で、131バンドが参加して開催されました。
冬のイベントですが、今年も熱狂的なファンに支えられ
どの会場も満員で盛り上がっていました。

b0340046_13273377.jpeg





b0340046_15523843.jpeg
むふ♡
東京土産いただいちゃいました♪
『ジャズ フラッシュ』さんで演奏した
「楠直孝トリオ」のdsグーフィ(西尾)さんから♪

どら焼きって言ってたけど
ホットケーキみたいで美味しかったです
ごちそうさまでした(=^x^=)

グーフィさん!またモデルしてね(^_−)−☆

by sakomamabook | 2016-01-23 21:00 | イベント

《覚え書》
Cabinet Fanntastique in Kita Shoten
2015.12.22.tue
open 6:00PM / start7:00PM〜

古くて珍しい
ちいさなフィルム上映会 ☆
今年もやってきました!

b0340046_23193725.jpeg

Today's Menu

『ローレンス・ウェルク・ショウ』〜
『そりすべり』
The Lawence Welk Show〜Sleigh Ride
出演:ローレンス・ウェルクLawtence Welk

アコーディオン奏者・バンドリーダーであるローレンス・ウェルクが
ホストを務める音楽番組。クリスマスシーズンの放送から、気分盛り上がるスタンダードナンバーを再上映!


『わんぱく三人組』
The Alvin Show(1962年)
The Chipmunks/Clyde Cashcup
企画・音楽:ロス・バグダサリアン Ros Bagdasarisn

シマリスが歌う(という設定の) ノベルティソング、「ザ・チップマンク・ソング」(1958)の大ヒットを受けて制作されたアニメ番組、「アルビィン・ショウ』。『クライド・クラッシュカップ』(「タイムマシーン」の巻)も!


『素晴らしきミュージカル』
The Fabulous Musical(1963年)
監督:ジャック・ヘイリー・Jr.Jack Haley Jr.
脚本:ドラッパー・ルイスDraper Lewis
ナレーション:ジョセフ・コットン Joseph Cheshire Cotten

ミュージカル映画の歴史を豊富なフッテージを駆使して紐解くテレビドキュメンタリー。バズビー・バークレーの手がけた驚異の群舞シーンもたっぷりと。


『ミツバチのジョー』〜
「第5話・ジョーの自警団」
Joe Chez les abeilles:Joe le justicier
監督:ジャン・イマージュJean lmage
音楽:ミシェル・エメールMichel Emer
出演:クリスチャン・ルグランChrstiane Legrand

フランスのアニメーション作家、ジャン・イマージュの手がけたテレビシリーズ。虫たちの仕草や表情がキュート。クリスチャン・ルグランもキャストで参加!


『ブギウギ・ドリーム』
Boogie-Woogie Dream(1944年)
監督:ハンス・ブルゲルHans Burger
脚本:カール・ファルカスKarl Farkas
出演:レナ・ホーンLena Hone,
ピート・ジョンスンPete Johnson,
アルバート・アマンズAlbert Ammons,
テディ・ウィルソンTeddy Wilson

レナ・ホーン、テディ・ウィルソンら、人気ジャズミュージシャンの貴重な演奏シーンが拝める音楽短編映画。監督、脚本はともにオーストリアからの亡命作家という、時代を反映した作品でもある。


『天才ちびっこ』
Kiddie Genius

一芸に秀でた子どもたちが自慢の技を披露するかくし芸大会。歌ありダンスありピアノあり。大人顔負けのミンストレルショーも。


『クリスマス・クラッカー』
Christmas Cracker(1969年)
監督:ノーマン・マクラレンNorman Mclaren,
ジェフ・ヘイルJeff Hale,
グラント・ムンロGrant Munro,
ジェラルド・ポッタートンGerald Potterton
音楽:モーリス・ブラックバーンEldon Rathburn

1969年にカナダNFBで制作された粋なオムニバス・アニメーション。クリスマスをテーマに、4人の作家がファンタスティックな世界を見せてくれます。

特別企画!SP盤アワー
岡田崇さん秘蔵のSP盤を北書店に持ち込んでご紹介。懐かしくも新しい音楽で、しばし憩いのひとときを。



by sakomamabook | 2016-01-13 22:07 | イベント

b0340046_13112702.jpg
vol.9 一箱古本市in現代市(いまいち)
新潟市中央区学校町通
6月14日(日)Am10:00〜Pm3:00

いつもはワタシも参加していたイベントですが、今回は作品作りに集中するためお休みです。会場は近くなので散歩がてら ちょっと覗き見して来ました^ ^)
今回魅かれた本をご紹介します!


【父】嵩文彦 著
b0340046_13004403.jpg
本のケース表

b0340046_13010596.jpg
本のケース裏

b0340046_13012597.jpg
本の表紙

b0340046_13013884.jpg
本の裏表紙


この本、懐かしい感じの絵に魅かれて
パラパラと読んでみたら…詩の本でした!
傷みが少しあります…36年前の本
著者は、嵩文彦(だけふみひこ) 1938年 北海道生れ 医師、現代詩作家、俳句作家

医師でもあるためか、詩の表現に専門用語が随所に出てきます。
ここに一編の詩をご紹介します。


父の心臓

父は斃れた
あっけなく斃れた
わたしはひとつ肩で息をついた
わたしは父の心臓を抉り出した
血は流れなかった
漿液がわづかに砂を濡らした
父の心臓は浮嚢のように透明であった
父はいつから血を失っていたのだろう
いつからひそかに耐えていたのだろう
それは砂の上でひくひくと動き続けた
地の涯まで幾重にも重なって拡がっている砂
わたしは目を凝らした
父の心臓をすかして
清明な言葉をたたえた水の都市が見える
父よ
わたしたちは互に
しみわたるものがなかった
わたしは水のにおいをかぎたいと思った
たゆたう水の都市よ
わたしは父の心臓にくちびるを近づけた
かすかな生ぐささがあった
それは父からわたしへと続く
生殖のにおいであった
わたしは砂に顔をうづめて息を詰め続けた




* 次回 もう一冊ご紹介します☆







by sakomamabook | 2015-06-19 15:03 | イベント | Comments(8)