手作り布絵本&ブックカバー
by sakomama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
布絵本
フェルト絵本
布絵
布絵本作品展
ブックカバー
魅かれた本
小物雑貨
イベント
ぐりとぐら
絵本を楽しむ会etc
大人のための絵本LIVE
ちょっとおもしろい
お料理
愛犬ハッピー
雑日記
未分類
タグ
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(6)
(6)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
コメントについて
当ブログのコメント欄は承認制とさせて頂いております。そのため表示までに少し時間がかかりますのでご了承下さい。

ブログに掲載されている記事画像を無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
最新のコメント
★nanapuさん☆ ..
by sakomamabook at 10:46
★テッチさん☆ おはよ..
by sakomamabook at 10:27
最新の記事
嬉しいお手紙(*´꒳`*)
at 2017-04-14 07:35
フェルト絵本「アルノ川の流れ..
at 2017-04-10 21:45
フェルト絵本「夕暮れの匂い」..
at 2017-04-01 21:50
フェルト絵本「石畳みの細い路..
at 2017-03-26 22:04
フェルト絵本製作中「街の風景..
at 2017-03-07 16:26
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索


カテゴリ:ぐりとぐら( 4 )

ぐりとぐらの人形の作り方 〈その2〉

こんにちは(^^)/

最近、ブログへ「ぐりとぐらの作り方」とか
「ぐりとぐらの耳の取りつけ方」とか
「ぐりとぐらの帽子」とか
いろいろ検索して下さっているようなので…

ここで、もう一度詳しく(詳しくたつもり^^:)説明させて
いただこうと思います。
写真が多くなりますが、ご勘弁を…。


ちょうど、ぐらの人形(赤)を希望された方がいらしたので
ぐらを作りながら進めます(^^)
b0340046_23073049.jpg


型紙は、前回の作り方をご参照ください。

主に耳と手足の取りつけ方を、説明します。
b0340046_19183316.jpg
型紙通り手足を縫って、関節にあたる部分を5㎜カットします。
この時、左右間違えてカットしないようにね(^_-)


b0340046_19174968.jpg
裏返した状態です。


b0340046_19172730.jpg
手芸綿を入れた状態。(ふんわり…むちっと)


b0340046_19142154.jpg
縫合した状態。(痛々しい⁉︎ 糸がちょっと太かったもので…色が合うのこれしかなかったもので…^^:)(あ、いい訳が多い?)
できれば、#30の細口がいいです。


b0340046_19170796.jpg
次、耳の作り方
とりあえず型紙通りミシンがけ。



b0340046_19161377.jpg
裏返した状態。


b0340046_19140274.jpg
耳の端を、折り込んでぐし縫い。
綿は入れません。


b0340046_19123980.jpg
耳を半分に折って、端と端を縫い止めます。


b0340046_19121660.jpg
正面から見るとこんな感じ。



b0340046_19155199.jpg
尻尾は根元(太い方)の方から返し機具を差し込み
尻尾の先布を引っ掛けて、そのまま引き抜く。



b0340046_19144953.jpg
するとこんな風になります。
(コレする時が、楽しいの♪)



b0340046_19115288.jpg
次は、頭です。
手芸綿を入れたら入り口をぐし縫いします。



b0340046_19113399.jpg
鼻と目の部分に、同色(黄色)の糸で窪みを作ります。
その位置を基準に、口を刺繍(焦げ茶色)します。



b0340046_19111144.jpg
目の窪み部分に白のフェルトを貼ります(布・木工用ボンド)



b0340046_19095884.jpg
目の周りを刺繍(黒色)します。



b0340046_19092942.jpg
ヒゲを2本、テグス1号で5㎝の長さで刺します。
抜けてこないように、布・木工用ボンドで留めます(後で乾いて透明になります)。



b0340046_19090586.jpg
次に、先ほどの耳もボンドで接着してして マチ針で留めておきます。



b0340046_19084417.jpg
頭とボディーをマチ針で固定してから縫いつけます。



b0340046_19081629.jpg
次に、脚をつけます。
ボタンを使って、可動性をつけます。
マチ針を使って、位置を決めるといいです。



b0340046_19065918.jpg
脚がつきました。



b0340046_19063001.jpg
ひきつづき手をつけます。


b0340046_19032941.jpg
手がつきました。
尻尾もつけました。



b0340046_19040801.jpg
尻尾も、つけるときはマチ針で位置を決めてから縫いつけます。
尻尾に綿は入れません。

b0340046_19030207.jpg
ぐらの洋服の後ろに、股上から7㎜の所に直径4㎜の穴を開けます。



b0340046_19105062.jpg
帽子は、型紙通りカットして、半円形の直線部分を合わせてミシンがけします。(三角帽子ができます)
三角帽子のふちにボンドをつけて、そこに丸く切り抜いたツバを被せます。



b0340046_19102610.jpg
両耳の穴を開けて帽子の完成です。



b0340046_19192050.jpg
今回は、洋服の裏に#1000(薄地)の接着芯を張ったので前回の作品より丈夫にできました。



b0340046_19024110.jpg
ぐりとぐらの完成です(*´꒳`*)

ぐらはこのまま Tさんの元へお嫁入りです(男の子ですけどね^ ^)

今度は、ぐりとぐらのクリスマスの衣装を作りたいなぁ。。。

そう…もうじきクリスマス…🎄

みんなは、何をお願いするのかな…?

ワタシは、。。。です♪(^艸^)
















by sakomamabook | 2016-12-17 22:58 | ぐりとぐら

ただいま準備中…どっちにしようかなぁ


こっちと。。。
b0340046_13565769.jpeg


こっち。。。
b0340046_13562632.jpeg
どっちがいいかなぁ。。。

かんがえちゅう♪( ´▽`)

by sakomamabook | 2015-12-02 14:12 | ぐりとぐら | Comments(34)

ぐりとぐらの人形の作り方

こんにちは!

秋らしくなって来ましたね。

今回は「ぐりとぐら」の人形作りです♪
(写真がピンボケですみません)


取り敢えず「ぐら」を試作
体長10〜12㎝
b0340046_18273529.jpeg

型紙と材料(A4サイズの紙)
b0340046_00031222.jpeg
【材料】ぐりとぐら2体分(体長10〜12㎝)
・ 黄色綿ジャージ20×30㎝
・ 赤・青のフェルト各10×10㎝
・ 赤・青のパイル地各10×20㎝
・ 綿 こぶし大×2
・ ボタン7ミリ×8個(1体に4個つかいます)
・ テグス3号20㎝くらい(ヒゲに使います)



b0340046_18281421.jpeg
型紙を裁断したところ





b0340046_18283720.jpeg
・ 型紙にそってミシンがけしたところ。
ミシン糸は、黄色、赤、青のニット用#50番糸を使用。
・ しっぽは、半分に折ってミシン掛けします。
・ ズボンの股上は、布をきりとらないように、カットを入れるだけ。
ズボンの型紙は断ち切りにします。
・ ボタンは手足を固定用に4個いります(ここには2個しか写ってませんが^^;)。
・ 手足は周り全部ミシン掛けして、上の部分中央を5ミリ程カットしてここからひっ
くり返します。




b0340046_18285651.jpeg
ピンセットなどの道具を使ってひっくり返したところです。




b0340046_18291537.jpeg
縫ったパーツに綿をつめていきます。
これは、頭部分…先に黄色い糸で口もとを縫い
くぼみを付けてから茶色の刺しゅう糸で縫いつけます。





b0340046_18305823.jpeg
綿を詰め終わった状態。(耳としっぽには、入れません)
フェルトの帽子は、接着剤でくみたてます。



b0340046_18312662.jpeg
顔の刺しゅうができました。
テグスはヒゲに使います(4センチ×2本が1体分)




b0340046_18314755.jpeg
それぞれのパーツを縫い合わせたところ。
ボタンで留めているのでテディベァのように可動します。
このままじゃあ恥ずかしいので洋服を着せましょう(^_-)



b0340046_15252301.jpeg

はい!
ぐりとぐらが、完成しました♪

絵本を読みながら

秋の夜長を楽しみましょう(^_−)−☆


* この下↓に ハッピーがいます。そちらの記事もどうぞ(^-^)/





by sakomamabook | 2015-10-10 06:35 | ぐりとぐら | Comments(36)

ぐりとぐらの布絵の作り方

絵本『ぐりとぐらのおきゃくさま』の表紙を布絵にしてみました。

ちょっと早いけど、クリスマス用に作ってみてはいかがですか🌲
今回は、作り方をご紹介します♪
b0340046_11581702.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

《材料》
帆布11号生成 26×30㎝
・接着芯(#3000) 17×20㎝
・両面接着芯 17×20㎝(約)
・綿布(赤、青、緑、黄色、茶)各5×10㎝(約)…今回はムラ染めの生地を使用
・白ネル地10×20㎝
・刺しゅう糸(赤、青、緑、黄色、白、濃グレー又は黒)
・60番白糸と針
・絵本の表紙を115%に、拡大コピーした台紙
・トレーシングペーパー1枚(A4サイズ)
・カーボン紙(チャコペーパー)
・セロハン紙
・薄紙少々
・2Bのシャーペン又は鉛筆
・コルクボード(必要に応じて)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

b0340046_11481712.jpg
帆布11号生成地を用意
その上に接着芯をアイロンをかけて貼る。


b0340046_11485476.jpg
接着芯のサイズ通りにしつけをかける。(写真はしつけして表にしたところ)


b0340046_11495279.jpg
絵本を115%に拡大コピーした上からトレーシングペーパーを置いてなぞる。


b0340046_11503498.jpg
上からセロハン紙、トレーシングペーパー、カーボン紙(又はチャコペーパー)、生地の順に重ねて写す。


b0340046_11520273.jpg
生地に写した状態。


b0340046_11524692.jpg
両面接着芯の紙面に型紙を写す。
この時、裏表逆になるので間違えないように注意!

b0340046_11544085.jpg
それぞれのパーツの型を、両面接着紙に描き、型通りに切り取る。
切り取ったパーツの接着面の紙をはがし、土台布に貼りアイロンで固定する。



b0340046_11540213.jpg
パーツは遠近法で、奥にあるものから貼っていく。
もみの木→積った雪→地面の雪→ぐりとぐら(顔、脚、尻尾、マント、帽子、ブーツ、眼の順)。


b0340046_11551006.jpg
全部のパーツを貼った状態。


b0340046_11553222.jpg
それぞれのパーツを、同じ色の刺しゅう糸でまつり縫いする。


b0340046_11560869.jpg
濃グレー(又は黒)の刺しゅう糸で縁取りをする。
薄紙にラインを書き写し、その上からアウトラインステッチや
コーチングステッチを行う。
写真は、ヒゲをコーチングステッチしているところ。

b0340046_11564452.jpg
マントをステッチしたところ。
薄紙は、ステッチしたら破いて抜き取る。


b0340046_11571452.jpg
帽子やマフラーも同色の刺しゅう糸でステッチする。


b0340046_11575303.jpg
ぐらも同じようにステッチしてできあがり。

生地をコルクボードに張り周囲にクリスマス用の小物で飾り付ければ
素敵なクリスマスリースやボードとして使えます♪

この布絵も飾り付けをしてクリスマスの頃に再びUPさせて頂きますd(^_^o)
さて。。。松ぼっくり拾いに行かなきゃ!(^艸^)




by sakomamabook | 2015-09-16 16:30 | ぐりとぐら | Comments(48)