こんにちは(^^)/

最近、ブログへ「ぐりとぐらの作り方」とか
「ぐりとぐらの耳の取りつけ方」とか
「ぐりとぐらの帽子」とか
いろいろ検索して下さっているようなので…

ここで、もう一度詳しく(詳しくたつもり^^:)説明させて
いただこうと思います。
写真が多くなりますが、ご勘弁を…。


ちょうど、ぐらの人形(赤)を希望された方がいらしたので
ぐらを作りながら進めます(^^)
b0340046_23073049.jpg


型紙は、前回の作り方をご参照ください。

主に耳と手足の取りつけ方を、説明します。
b0340046_19183316.jpg
型紙通り手足を縫って、関節にあたる部分を5㎜カットします。
この時、左右間違えてカットしないようにね(^_-)


b0340046_19174968.jpg
裏返した状態です。


b0340046_19172730.jpg
手芸綿を入れた状態。(ふんわり…むちっと)


b0340046_19142154.jpg
縫合した状態。(痛々しい⁉︎ 糸がちょっと太かったもので…色が合うのこれしかなかったもので…^^:)(あ、いい訳が多い?)
できれば、#30の細口がいいです。


b0340046_19170796.jpg
次、耳の作り方
とりあえず型紙通りミシンがけ。



b0340046_19161377.jpg
裏返した状態。


b0340046_19140274.jpg
耳の端を、折り込んでぐし縫い。
綿は入れません。


b0340046_19123980.jpg
耳を半分に折って、端と端を縫い止めます。


b0340046_19121660.jpg
正面から見るとこんな感じ。



b0340046_19155199.jpg
尻尾は根元(太い方)の方から返し機具を差し込み
尻尾の先布を引っ掛けて、そのまま引き抜く。



b0340046_19144953.jpg
するとこんな風になります。
(コレする時が、楽しいの♪)



b0340046_19115288.jpg
次は、頭です。
手芸綿を入れたら入り口をぐし縫いします。



b0340046_19113399.jpg
鼻と目の部分に、同色(黄色)の糸で窪みを作ります。
その位置を基準に、口を刺繍(焦げ茶色)します。



b0340046_19111144.jpg
目の窪み部分に白のフェルトを貼ります(布・木工用ボンド)



b0340046_19095884.jpg
目の周りを刺繍(黒色)します。



b0340046_19092942.jpg
ヒゲを2本、テグス1号で5㎝の長さで刺します。
抜けてこないように、布・木工用ボンドで留めます(後で乾いて透明になります)。



b0340046_19090586.jpg
次に、先ほどの耳もボンドで接着してして マチ針で留めておきます。



b0340046_19084417.jpg
頭とボディーをマチ針で固定してから縫いつけます。



b0340046_19081629.jpg
次に、脚をつけます。
ボタンを使って、可動性をつけます。
マチ針を使って、位置を決めるといいです。



b0340046_19065918.jpg
脚がつきました。



b0340046_19063001.jpg
ひきつづき手をつけます。


b0340046_19032941.jpg
手がつきました。
尻尾もつけました。



b0340046_19040801.jpg
尻尾も、つけるときはマチ針で位置を決めてから縫いつけます。
尻尾に綿は入れません。

b0340046_19030207.jpg
ぐらの洋服の後ろに、股上から7㎜の所に直径4㎜の穴を開けます。



b0340046_19105062.jpg
帽子は、型紙通りカットして、半円形の直線部分を合わせてミシンがけします。(三角帽子ができます)
三角帽子のふちにボンドをつけて、そこに丸く切り抜いたツバを被せます。



b0340046_19102610.jpg
両耳の穴を開けて帽子の完成です。



b0340046_19192050.jpg
今回は、洋服の裏に#1000(薄地)の接着芯を張ったので前回の作品より丈夫にできました。



b0340046_19024110.jpg
ぐりとぐらの完成です(*´꒳`*)

ぐらはこのまま Tさんの元へお嫁入りです(男の子ですけどね^ ^)

今度は、ぐりとぐらのクリスマスの衣装を作りたいなぁ。。。

そう…もうじきクリスマス…🎄

みんなは、何をお願いするのかな…?

ワタシは、。。。です♪(^艸^)
















by sakomamabook | 2016-12-17 22:58 | ぐりとぐら


こっちと。。。
b0340046_13565769.jpeg


こっち。。。
b0340046_13562632.jpeg
どっちがいいかなぁ。。。

かんがえちゅう♪( ´▽`)

by sakomamabook | 2015-12-02 14:12 | ぐりとぐら | Comments(34)

こんにちは!

秋らしくなって来ましたね。

今回は「ぐりとぐら」の人形作りです♪
(写真がピンボケですみません)


取り敢えず「ぐら」を試作
体長10〜12㎝
b0340046_18273529.jpeg

型紙と材料(A4サイズの紙)
b0340046_00031222.jpeg
【材料】ぐりとぐら2体分(体長10〜12㎝)
・ 黄色綿ジャージ20×30㎝
・ 赤・青のフェルト各10×10㎝
・ 赤・青のパイル地各10×20㎝
・ 綿 こぶし大×2
・ ボタン7ミリ×8個(1体に4個つかいます)
・ テグス3号20㎝くらい(ヒゲに使います)



b0340046_18281421.jpeg
型紙を裁断したところ





b0340046_18283720.jpeg
・ 型紙にそってミシンがけしたところ。
ミシン糸は、黄色、赤、青のニット用#50番糸を使用。
・ しっぽは、半分に折ってミシン掛けします。
・ ズボンの股上は、布をきりとらないように、カットを入れるだけ。
ズボンの型紙は断ち切りにします。
・ ボタンは手足を固定用に4個いります(ここには2個しか写ってませんが^^;)。
・ 手足は周り全部ミシン掛けして、上の部分中央を5ミリ程カットしてここからひっ
くり返します。




b0340046_18285651.jpeg
ピンセットなどの道具を使ってひっくり返したところです。




b0340046_18291537.jpeg
縫ったパーツに綿をつめていきます。
これは、頭部分…先に黄色い糸で口もとを縫い
くぼみを付けてから茶色の刺しゅう糸で縫いつけます。





b0340046_18305823.jpeg
綿を詰め終わった状態。(耳としっぽには、入れません)
フェルトの帽子は、接着剤でくみたてます。



b0340046_18312662.jpeg
顔の刺しゅうができました。
テグスはヒゲに使います(4センチ×2本が1体分)




b0340046_18314755.jpeg
それぞれのパーツを縫い合わせたところ。
ボタンで留めているのでテディベァのように可動します。
このままじゃあ恥ずかしいので洋服を着せましょう(^_-)



b0340046_15252301.jpeg

はい!
ぐりとぐらが、完成しました♪

絵本を読みながら

秋の夜長を楽しみましょう(^_−)−☆


* この下↓に ハッピーがいます。そちらの記事もどうぞ(^-^)/





by sakomamabook | 2015-10-10 06:35 | ぐりとぐら | Comments(36)

絵本『ぐりとぐらのおきゃくさま』の表紙を布絵にしてみました。

ちょっと早いけど、クリスマス用に作ってみてはいかがですか🌲
今回は、作り方をご紹介します♪
b0340046_11581702.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

《材料》
帆布11号生成 26×30㎝
・接着芯(#3000) 17×20㎝
・両面接着芯 17×20㎝(約)
・綿布(赤、青、緑、黄色、茶)各5×10㎝(約)…今回はムラ染めの生地を使用
・白ネル地10×20㎝
・刺しゅう糸(赤、青、緑、黄色、白、濃グレー又は黒)
・60番白糸と針
・絵本の表紙を115%に、拡大コピーした台紙
・トレーシングペーパー1枚(A4サイズ)
・カーボン紙(チャコペーパー)
・セロハン紙
・薄紙少々
・2Bのシャーペン又は鉛筆
・コルクボード(必要に応じて)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

b0340046_11481712.jpg
帆布11号生成地を用意
その上に接着芯をアイロンをかけて貼る。


b0340046_11485476.jpg
接着芯のサイズ通りにしつけをかける。(写真はしつけして表にしたところ)


b0340046_11495279.jpg
絵本を115%に拡大コピーした上からトレーシングペーパーを置いてなぞる。


b0340046_11503498.jpg
上からセロハン紙、トレーシングペーパー、カーボン紙(又はチャコペーパー)、生地の順に重ねて写す。


b0340046_11520273.jpg
生地に写した状態。


b0340046_11524692.jpg
両面接着芯の紙面に型紙を写す。
この時、裏表逆になるので間違えないように注意!

b0340046_11544085.jpg
それぞれのパーツの型を、両面接着紙に描き、型通りに切り取る。
切り取ったパーツの接着面の紙をはがし、土台布に貼りアイロンで固定する。



b0340046_11540213.jpg
パーツは遠近法で、奥にあるものから貼っていく。
もみの木→積った雪→地面の雪→ぐりとぐら(顔、脚、尻尾、マント、帽子、ブーツ、眼の順)。


b0340046_11551006.jpg
全部のパーツを貼った状態。


b0340046_11553222.jpg
それぞれのパーツを、同じ色の刺しゅう糸でまつり縫いする。


b0340046_11560869.jpg
濃グレー(又は黒)の刺しゅう糸で縁取りをする。
薄紙にラインを書き写し、その上からアウトラインステッチや
コーチングステッチを行う。
写真は、ヒゲをコーチングステッチしているところ。

b0340046_11564452.jpg
マントをステッチしたところ。
薄紙は、ステッチしたら破いて抜き取る。


b0340046_11571452.jpg
帽子やマフラーも同色の刺しゅう糸でステッチする。


b0340046_11575303.jpg
ぐらも同じようにステッチしてできあがり。

生地をコルクボードに張り周囲にクリスマス用の小物で飾り付ければ
素敵なクリスマスリースやボードとして使えます♪

この布絵も飾り付けをしてクリスマスの頃に再びUPさせて頂きますd(^_^o)
さて。。。松ぼっくり拾いに行かなきゃ!(^艸^)




by sakomamabook | 2015-09-16 16:30 | ぐりとぐら | Comments(48)