手作り布絵本&ブックカバー
by sakomama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
布絵本
フェルト絵本
布絵
布絵本作品展
ブックカバー
魅かれた本
小物雑貨
イベント
ぐりとぐら
絵本を楽しむ会etc
大人のための絵本LIVE
ちょっとおもしろい
お料理
愛犬ハッピー
愛犬クウ(qoo)
雑日記
未分類
タグ
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(2)
(2)
(2)
(2)
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧
コメントについて
当ブログのコメント欄は承認制とさせて頂いております。そのため表示までに少し時間がかかりますのでご了承下さい。

ブログに掲載されている記事画像を無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
最新のコメント
こんばんは! クウちゃ..
by nanako-729 at 00:09
こんにちは! 涼しげで..
by liebekatzen at 22:58
最新の記事
クウの毎日 4
at 2017-07-20 22:30
涼しさは風にのって。。。
at 2017-07-13 11:22
七夕の日に生まれたあなたへ☆”
at 2017-07-07 21:45
クウの毎日 3
at 2017-07-05 23:27
クウの毎日 2
at 2017-06-24 21:45
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
検索


⭐︎パウル・クレーのブックカバー

ちょっと昔 あるところに
絵を 描くのが 大好きな
天使が いました
b0340046_16565314.jpg
忘れっぽい天使(1939年)

前回、ハンス・フィッシャーの『こねこのぴっち』のブックカバーをご紹介しました。
今回は、パウル・クレーの『忘れっぽい天使』のブックカバーです。
どちらも好きな画家ですが、この二人にも繋がりがあるのです。

パウル・クレーは、1879年、スイスのベルン近郊で生まれました。クレーのお父さんは音楽の先生、お母さんはピアニストでした。そのため、クレーも小さい頃からバイオリンを弾いていました。後に結婚した女性もピアニストで、クレーの周りにはいつも音楽があふれていました。しかし、絵を描く事も大好きだったクレーは悩んだ末、画家になる道を選びました。

ハンス・フィッシャーは、1909年、同じくスイスのベルンに生まれました。フィッシャーの両親も学校の先生で、彼は5人兄弟の1番目で子どもの時から自然が大好きで、植物や動物のスケッチをよく描いていました。

そんな中、フィッシャーが高校卒業後チューリッヒやジュネーブの美術学校で学び師事した人がパウル・クレーでした。
二人の間では、どんな会話がされたのでしょうね。
今、作品を眺めながら20世紀初頭に思いを馳せます。













by sakomamabook | 2014-11-24 21:45 | ブックカバー | Comments(0)
<< コレな〜んだ⁉︎ 生クリームでバター作り⭐︎ >>